読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第一回自動車運転に関する合同研究会に参加しました。

新年明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い致します。


本年初投稿は

 


第1回自動車運転に関する合同研究会に参加。

 

会場は北九州国際会議場

 f:id:drivingsienwakayama:20170121174928j:plain

 

 

1時間は余裕を持って到着


1時間前やのにえらい人やな〜

みんな向かっている方に進んでいくと、別会場のパブリックビューイング的な会場。


そしてアナウンス

「間もなく、開会式が始まります」

 


あれ??

 

 


はい。


開始時間を1時間間違えていて、到着した時刻が開会時間でした。


いつもながらのチョンボ

 

 

それにしてもすごい人。人。人。

 

 

事前登録700名以上
当日も100名以上の方が参加されていたとか。

 


なのでメイン会場には収まりきらず、別に3会場でパブリックビューイング


全国にはこれだけ興味を持っている人がいるんだなー

 

また発表者を見ると、ほとんどが作業療法士です。


やっぱり作業療法士が活躍できる場なのかなと再確認しました。


あとすごいなーと思ったのは警察や教習所のお偉いさん、工学者の方の講演があったこと。


やっぱり色んな分野の方々と連携して取り組みをすることが重要ですね。

 

内容は詰まりすぎていて全てを報告できませんが、印象に残ったことだけをピックアップします。


・運転の体調管理がすごく重要である

コンプライアンスからアドヒアライアンスして行かなければならない。

・自動運転に関して、一定の水準を下回ったと判断された場合に自動化するようなシステムが必要ではないか?

・自動車運転は最高のIADLで命にも関わるものである

認知症→病名の診断を求められている
 高次脳機能障害→運転できるかどうかの診断書を求められている
 という違いがある

・病識・感情のコントロールも考慮することが今後重要になるのではないか


※注意
文脈を切り取りすぎて分からないかもしれません。
また僕のフィルターが入ってるので誤った伝え方をしているかもしれませんがご了承ください。

 


あ〜ポスター発表でも出しておけば良かった〜


とても後悔しています。

 

しかし色々な発表を聞けて良かったです。

弾丸で九州に来た甲斐がありました。

 

来年度は和歌山からも発信していけるよう

今年はますます本会を進めて行きたいと思います。

 


どうぞ今年もよろしくお願い致します。

第一回パンフレット作成会議 H.28.12.19(月)

 

12月19日(月)

パンフレット作成すんの会を行いました。

f:id:drivingsienwakayama:20170101165739j:plain

 

 

 

4施設10名の方々にお集まり頂きました。

f:id:drivingsienwakayama:20170101165744j:plain

 

施設が違えば困る事が違うんだな〜というのが印象的でした。


こうやって話をしていくと新しい考えや発想が出てきて楽しいですね。


とりあえず、パンフレット作成の項目と役割分担を行いました。

 

次回は、各自持ち寄っての会議になります。

 

 

まだまだ会議への参加は可能です!!

 


何かしなければならない事はないです。

ただ来て、聞いているだけでも良いです。

意見だけ言って頂いても良いです。

 

それぞれの参加のスタイルに合わせますので、

ぜひご参加下さい!!!

 


また次回は1月下旬を予定しています。
どうぞよろしく!!!

 

 

 

運転すんの会せんの会より

 

 

研修会の開催  〜H.28.12.9(金)〜

平成28年12月9日

研修会を開催しました。

 

テーマ

脳卒中後遺症の自動車運転再開に向けた評価と支援の提案」
  〜四国運転リハプロジェクトの取り組みの紹介〜

 

講演者

 徳島県作業療法士会 会長 岩佐英志
 本田技研工業株式会社安全運転普及本部 塚本末幸

 

のお二方をお呼びしてお話しして頂きました。

※以下、本田技研工業株式会社をHONDAと呼びます。

 

f:id:drivingsienwakayama:20161217155525j:plain

 

 

四国では、四国運転リハプロジェクトという
徳島・香川・愛媛・高知の4県が合同チームを組んで取り組まれているとのことでした。

それもHONDAが関与している。。。いや発起人として関わっているようでした。

そしてHONDAは場所と技術と知識を提供するだけで、あくまで主体はセラピストというスタイル


カッコイイ!!!!

 


でもなぜHONDAが????

 

HONDAには安全運転普及部があって、幼稚園児の交通安全教室から白バイの訓練、高齢者への講習会まで幅広く安全運転を普及する活動(交通安全に対する取り組み)をされているとのことです。

 

 

なぜ安全運転普及部があるのか????

 

 

それは車が普及した頃まで遡るとのことでした。

 

 

そしてその安全運転普及部が障害者の運転再開に目を向けたのです。

 

 

※今回は塚本さんにHONDAのこともたくさんお聞かせ頂いたので、HONDAのことをたくさん知りましたがどこまで話して良い内容か分からないので色々割愛します。

 

ただHONDAのことが好きになったし、もっと知りたいと思ったのは間違いないです。

 

 


話しは戻りまして、

 

四国運転リハプロジェクトでは

過剰に運転を制御せず、無制限に運転を許可しないための方法の確立

GO・STOP・REHAの判断と支援

という理念の元、取り組みがされているようです。

 


そこで2年間かけて生み出された評価方法が

 


停止車両での自動車運転の評価法です。

 

 


まさか停止車両で本当に評価できるの? 

 

 


HONDAはできます。

 

 

とのことでした。

 

 

カッコイイ!!!!

 

 

今回は停止車両を用意することができなかったので、ある物を使って実技を通して教えて頂きました。

 

使ったのは、机、椅子、杖、メジャー、ストップウォッチ。

 

これだけです。

 

f:id:drivingsienwakayama:20161217155442j:plain

f:id:drivingsienwakayama:20161217155439j:plain

 

f:id:drivingsienwakayama:20161217155426j:plain

 

※具体的内容はどこまで話して良いのか分からないので割愛します。

 


が。。。驚愕でした。顎が落ちました。

そしてこれだったら明日からできるんじゃない?と思えるような内容でした。


しかも実際、車には乗るので、

これだったら対象者の方にも納得してもらいやすいかもしれません!!

 


今までにない視点と発想、そして思考のプロセスを学ぶことができました。

 

 

停止車両評価はおそらく今後、世に広く出てくると思います。

 

外部にこの話を持ち出したのは、今回が初めてとのことでしたので本当に貴重なお話を聞かせて頂けました。

 

また資料においてもギリギリラインの情報(いや、アウトなのかもしれませんが)を頂き、明日から評価できそうなくらいの内容が詰まっていました。

 

和歌山県を第一号として停止車両評価の発信する場として頂き、つながりを持つことができて嬉しかったです。

また本研修会に当たり様々な方から支援して頂いたことに大変感謝しております。

 

紀伊水道を越えて、今後もつながりを持って取り組みをご一緒させていただければと思います。

 

また今回の研修会では
OT・ST・PT合わせて、32名のご参加頂きました。

質疑応答においては、かなり盛んに質問が飛び交い、約1時間かけて先生方にお答え頂きました。


やはり、運転に関して興味・関心を持っている方は多く、悩んでいるんだなと思いました。


そして、本会を立ち上げ研修会を開催している意味があると改めて感じました。


が。。。


月に1度開催していた本会の研修会ですが今回をもって今年度の研修会は一旦終了します。

 

 

そして新たな取り組みを開始します。

 

!!パンフレット作成!!

f:id:drivingsienwakayama:20161107214605p:plain

 


第一回ミーティングは
12月19日(月) 19:30〜
琴の浦リハビリテーションセンター リハ室にて開催します。

もしご興味ある方おられましたら、気軽に連絡ください!!

アドレス:driving.sien.wakayama@gmail.com

 


本会はどんな職種の方でも参加可能です!!
セラピストだけに限定しているものでもありません!!
色々な方と協業して意見交換・情報交換しながら
障害者・高齢者の自動車運転支援について考えることができればと思います。

 


運転すんの会せんの会
鍵野 将平
アドレス:driving.sien.wakayama@gmail.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どどど怒涛の11月

久しぶりの投稿です。

11月は怒涛のように過ぎていった気がします。

 

 

 

11月13日
近畿作業療法学会 @県民文化会館
http://kinot36.umin.jp/program.html

「認知機能と運転適正〜作業療法の視点から〜」
  講演者:千葉県立保険医療大学 藤田佳男先生

 

にて司会を務めさせて頂きました。

 

f:id:drivingsienwakayama:20161206222005j:plain

 

大ホールでの公演だったので、会場のスケールに圧倒されました。

 

高校時代はイベントで年に一度、何かの公演を見に行った懐かしさもありながら、今回はそのステージ上に自分がいる違和感と感激がありました。

 

内容は、自動車運転に関する基礎的なことから
これから作業療法士がどんなカタチで自動車運転に関わっていこうとしているのか丁寧にお話しして頂き、ワクワクするような公演でした。

 

作業療法では、認知症とか地域包括ケアとかMTDLPとか、色々話題のトピックスはあると思いますが、『運転』という作業にフォーカスを当てた本公演も大大大トピックだったと思います。

 

こんな大役を任せて頂いた学会長並びに実行委員の皆様、本当にありがとうございました。

 

またこの司会を引き受けたことをきっかけに、本会の発展にも繋がりました。
これからも和歌山でもしっかり取り組んでいきたいと思います。

 


11月26日・27日
『第3回運転と作業療法研究会」に参加
http://otdriving-support.jimdo.com

f:id:drivingsienwakayama:20161206222112j:plain

f:id:drivingsienwakayama:20161206222154j:plain

 

 

東京は都会でした。

またここでも新たな出会いがあり、刺激をたくさん頂きました。

来年はポスター発表できるように取り組みをカタチに残していきたいと思います。

 

 

 

そして今週はついに!!

!!《運転すんの会せんの会》企画!!

 

・テーマ:

  脳卒中後遺症の自動車運転再開に向けた評価と支援の提案」
     〜四国運転リハプロジェクトの取り組みの紹介〜
・講演者:徳島県作業療法士会 会長 岩佐英志
     本田技研工業株式会社安全運転普及本部 塚本末幸

・日程:12月9日(金)

・時間:19:00〜21:00

・場所:琴の浦リハビリテーションセンター

・費用:1000円(資料代等)

 

※まだ多少の席の空気がありますので、参加希望の方は申し込みをお早めに。

 

・参加希望の方は、①氏名 ②所属 ③連絡先を記載の上

  driving.sien.wakayama@gmail.comまで連絡下さい。
申し込み締め切りは11月25日(金)までとさせて頂きます。

 

 

運転すんの会せんの会

鍵野 将平

 

 

!!12月9日の勉強会について!!

 

 

詳細が決定しました!!!

 

・日程:12月9日(金)
・時間:19:00〜21:00
・テーマ:「脳卒中後遺症の自動車運転再開に向けた評価と支援の提案」

      〜四国運転リハプロジェクトの取り組みの紹介〜

・講演者:徳島県作業療法士会 会長 岩佐英志
     本田技研工業株式会社安全運転普及本部 塚本末幸
・場所:琴の浦リハビリテーションセンター
・費用:1000円(資料代等)
・参加希望の方は、①氏名 ②所属 ③連絡先を記載の上
  driving.sien.wakayama@gmail.comまで連絡下さい。

 

※申し込み締め切りは11月25日(金)までとさせて頂きます。

 f:id:drivingsienwakayama:20161120171600p:plain

 

質問等も随時受け付けていますので、気軽にご連絡下さい。 

 

運転すんの会せんの会
鍵野 将平
アドレス:driving.sien.wakayama@gmail.com

運転すんの会せんの会プロジェクト始動します。

今後の会の方向性ですが、

 

脳卒中患者の自動車運転再開に向けての

パンフレット作成をしていきたいと思います!!!

f:id:drivingsienwakayama:20161107214605p:plain

 

 

脳卒中の方に自動車運転再開に向けて

『こんな手続きが必要ですよ!!』と紹介する時に

その一連の流れや必要性が紙になっていたら
説明しやすくないですか?

 

他の県や病院・施設などでも作成している所が多数あります!!

 

それを和歌山でこの会を通して、和歌山らしさのあるもの
ぜひ一緒に作成してみませんか??

 

楽しくわいわいと語りながら作っていければと思います。

 

経験がない、知識がない、誰も知らない。。。。

 

そんな不安もあるかもしれませんが

 

このパンフレット作成を通して

経験をしていく、知識をつける、人と知り合いになる。

 

そんな場にしていければと思います!!!

 

 職種・年齢・性別・国籍・出身

!!問いません!!

 

!!ぜひ一緒に作っていきましょう!!

 

 

ご賛同頂けるようでしたら
下記連絡先まで
①氏名 ②所属
を記載の上連絡下さい。

ミーティング時間や参加の形態は個人に合わせて調整しますので。

どうぞよろしくお願い致します。

 

 

運転すんの会せんの会
連絡先:driving.sien.wakayama@gmail.com
鍵野 将平

 

H.28.11.1(火)勉強会を開催しました

勉強会を開催しました。

H.28.11.1(火)
19:30〜21:30
@中央コミュニティーセンターf:id:drivingsienwakayama:20161106222431j:plain

 

内容は

 

 ・ドライビングシュミレータを用いての支援
 
 ・症例検討(2事例)


の二部構成で行いました。

 


シュミレーターの話しでは、

f:id:drivingsienwakayama:20161106222219j:plain

自身の病院で用いているシュミレーターを動画を用いて実際映像の中で紹介して頂き、すごく分かりやすかったです。また他のシュミレーターの紹介もあり、非常に勉強になりました。


またシュミレーターのパンフレットも取り寄せて展示してくれました。

f:id:drivingsienwakayama:20161106221953j:plain

 

症例検討では

f:id:drivingsienwakayama:20161106222129j:plain

アットホームに討議することができ、
またOTらしい視点から考えが浮かんできていることがとても素晴らしいなと思いました。
そして、やはり運転支援は運転だけにこだわるのではなく、運転は生活の一部であり、その方の環境や個人因子、生活から支援する必要もあると改めて感じました。
車がなくても安心して自分らしい生活できる、環境・地域・社会作りをしていくことが、本当に必要な支援なのかもしれませんね。。

 

 

 

〜次回勉強会の案内です〜

※決定していないことも多いですが

 

12月9日(金)

テーマ:
脳卒中後遺症の自動車運転再会に向けた評価と支援の提案」
     〜四国運転リハプロジェクトの取り組みの紹介〜
講演者:
 徳島県作業療法士会 会長 岩佐英志
 本田技研工業株式会社安全運転普及本部 塚本末幸
時間:19:00〜21:00(予定)
場所:未定
費用:未定

参加希望の方は、①氏名 ②所属 ③連絡先を記載の上
driving.sien.wakayama@gmail.comまで連絡下さい。
質問等も随時受け付けていますので、気軽にご連絡下さい。

参加申し込みの締め切りは11月25日(金)までとさせて頂きます。
そこからの多少の人数の前後は大丈夫ですが、会場や費用の都合もあるので、
なるべく25日までに返信頂きたいです。
詳細は決まり次第、連絡させて頂きますので。
どうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

最後に

写真で私の格好が変と思うかもしれませんが、
この日は、自動車がなかったら自分はどんな移動手段を用いるのかを考え
自転車を選択し、自転車で通勤した(約18㌔)のでこんなスポーティーな格好になりました。
また帰りは後輩に送ってもらいました。
おそらく自分が運転できなくなったら、かなりハードだし周りの人のサポートが必要になるなと感じる日でしたとさ。
そして、この体験をみんなに発表しようと思ったのですが、言うタイミングを逃しましたとさ。

次回も頑張ります!!